就業規則を整備


就業規則を整備するにはどんな事が必要でしょうか?

就業規則そのものは、会社が独自の規定を定める事が出来、なおかつ労働基準法に触れない程度の内容で、整備する事が出来ます。
もしまだ、就業規則を整備していないとすれば、今すぐにでも整備するよう準備と行動に移るべきです。

就業規則は一概に何時から何時まで働けばよい、と言った内容だけでは無く、労働している最中、退職時、退職後に関してトラブルがお互いに発生しない為にも必要なものなのです。

就業規則を整備していないと、万一トラブルとなった場合には訴訟等を起こされ、負けてしまう可能性は大きいでしょう。
その為にも就業規則は整備しておく事が必要なのです。

どんな準備が必要なのかと言うと、就業規則として必要最低限の事にプラスして、万一のトラブルに備えた内容を記載する事が必要になります。
ありとあらゆる角度から見て、どのようなトラブルが発生しても対処できるだけの内容を記載しておく必要があるのです。

会社側からこれくらいでいいかなと思うような内容があっても、実際に弁護士や社労士に相談した場合には、内容が倍に、もしくはそれ以上になる事もあります。
就業規則を整備する際には、何らかの形で法律の専門家に相談する事が望ましいでしょう。

就業規則を整備するには幅広い知識を持った法律の専門家に相談する事が必要

先にも少し触れましたが、就業規則は、自社の規則と言うものをしっかりと明確にしておくものです。
その為にも幅広い知識を持った法律の専門家に相談する事が必要で、漏れの無いようにしておく事が大切です。

例えば、残業代について、有給休暇についての内容は、幅広い知識を持った法律の専門家に相談して、自社に損害が最小限になり、労働者側にもメリットがあるようにしなければなりません。

そんな事出来るのか不安に感じる方もいらっしゃるでしょうが、それを解決してくれるのが法律の専門家たちだと考えて良いでしょう。

関連サイト
就業規則の見直し・変更【大阪の四ツ橋総合法律事務所(無料相談可)】