残業代請求に事前に対処したい


残業代請求に事前に対処したい場合はどうしたら良いのでしょうか?

残業代請求は、時折ニュースにもなる事がある労務関係のトラブルの代表格です。
ニュースになる程の残業代未払いが発生してしまうと、会社にとっては時既に遅し、倒産への道をたどる事になるケースも少なくはありません。

こうしたトラブルを回避するために、事前に対処したいのであれば、先ず言えることとしては、残業代をしっかりと支払う事です。
同時に残業時間を把握して、残業時間を減らすと言う努力も必要でしょう。

一年間ずっと残業無しで労働してもらう事は難しいにしても、例えば週に二日程度は残業をしない日を作ったり、残業の無い月間を強化するような事は出来るでしょう。
こうした事は、就労規則に取り込んでおく事が一番効果的だと言えます。

残業代請求に事前に対処するには労働者の労働時間の把握が大切

どうしても繁忙期には残業をしなければならない事もあると言えます。
これはどんなに就労規則で定めていても、会社として生き残っていく為には仕方のない事と言うケースもあるのです。

こうした場合でも、残業代を支払わないと言う事の無いように労働時間を把握する事はもちろん、しっかりと支払っていく事が大前提となります。
会社の利益を出来るだけ労働者に還元する事も考えていくのであれば、この件に関しては重きを置いて考えなくてはなりません。

しかしべらぼうな金額の残業代を支払うのは会社としてもどうかと言うところでしょう。
労働基準法を無視したような状態には出来ないのです。
労働基準法に触れず、必要に応じて労働してもらい、残業が必要な時には頑張ってもらう、その為には労働時間の管理がどうしても必要不可欠なのです。

社員に任せて管理させているような状態にしている経営者様は、今すぐに確認をしてみましょう。
全ての労働者が適正な残業時間で労働基準法に触れていないかどうか、残業代はしっかりと支払われているかを確認すれば、対処法もおのずと見つかるはずです。

関連サイト
残業代請求の対応策【大阪の四ツ橋総合法律事務所(無料相談可)】